スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賞味期限と次女。

昨夜の夕食時。

ドレッシングのボトルを見て「賞味期限が切れてる!」と騒ぐ7歳次女。

ほほう。

次女も、今が何年の何月なのか、分かるようになったんだね。 賢くなったね〜。

成長したものだ。

・・・・私の中で、今年の5月の賞味期限なんて、切れたうちに入らない。

まだまだイケる。全然イケる。

人間、多少古びた物を食べていたほうが、とんでもない物を食べた時のダメージが少ないよ。

もしかして、激ヤバ? でも、ちょいヤバ系は食べ慣れてるしー、って、体も準備万端になるじゃん?

日々の食生活で、ウオーミングアップ。

大体、次女も賞味期限、賞味期限って言うけどさ〜。

あんた、小さい頃、何回注意しても、ネコのフンだらけの公園の砂場の砂、食ってたからね。




と、言う事で、何年もひた隠しにしてきたアレを次女に見せる事にした。

        ↓

        ↓

        ↓

        ↓

        ↓

        ↓
CIMG9101




CIMG9100

私は辛いのがダメで使わない。 旦那は極少量、使いたい人。

おかげで全然減らない七味唐辛子。

賞味期限切れダントツ1位の、超古株だ。

次女、怒るかな〜?と思ったら。

「私が4歳の時に切れたんだね。」

などと、シミジミ言う。

ほほう。

それも計算できるようになったんだね。

子供の成長を、こんな形で感じることができるなんて。

しかし、次女が怒らん理由は、

「自分は辛いのが食べられないから、七味をかけていない。自分に実害はない。」ということだと思う。

「お父さんに七味の事、言うよ。」と、脅迫される始末。

旦那しか食べてない物だから、旦那にバラされる事が一番困る。

カミングアウト後、さすがに七味は捨てたけど。

脅迫者を、自らの手で作る事になろうとは。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア


いつでも里親募集中


最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。