スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい写真が撮れました

こんにちわ。

私はすっかり ヨモギ風呂 にハマりました。
近所のヨモギを乱獲していたら、すっかり家の周辺からはヨモギの新芽が無くなってしまいました。
ヨモギ風呂はすんごくいいのだが、収穫しないとならないという手間がある。
辺りに生えまくっているのに買うなんてもったいない。

    ↓ 買ってたまるか。

ヨモギ青汁・ヨモギ風呂の人気ヨモギ2種をセットにしました!【よもぎの入浴剤と青汁の人気セット】 ぽかぽかセット ★体の中の毒素を排出★  


旦那との散歩の時も、私は常にハサミと袋を持つヨモギハンターになっている。
私のヨモギ風呂のおかげでツヤツヤになってきた旦那もあきれ顔。
ある日の散歩の時「おい、ヨモギだぞ、アソコにヨモギがごっそり生えてるぞ。」と旦那が言う。

     ↓ 旦那が指差したヨモギ。
CIMG7916
おおっ、すごいコンモリ生えている。
ヨモギ風呂5回、いや、6回分だ!!















     ↓ ・・・・。
CIMG7920
車がガンガン走っている道路の中央分離帯じゃん。
ヨモギは欲しいが、あそこは無理だわ。
旦那も「さすがにあれは辞めたほうがいい。」と言う。
全くだ。
悔しいが、あきらめる事にする。
取れないと思うと良く見えるものなんだなと思った。






     ↓ いい写真が撮れました
CIMG7888
「わーい、ご飯だ〜」という声が聞こえてきそう。

冬を東南アジアやオーストラリアで過ごしたツバメは、海を何千キロも飛んで日本に帰って来ます。
巣も、自分の作った巣に戻ってきます。
成長した子ツバメは親と一緒に戻って来て、親の巣の近くに自分の巣を作ります。
なので、今、巣を作って子育てしているツバメは去年旅立ったツバメなのです。
ツバメは優れた飛翔能力は持ちますが、戦闘能力は低く、木の中に巣を作る技術はありません。
ネコやヘビ、ムクドリやカラスなどの襲撃を防ぐために、人間の力を利用して軒下などに巣をつくっているのです。
それを考えたら、一時の事だし自分の子供だと思って守ってあげる位の気持ちでいたらいいんじゃないかなと思う。
あの小さな体で、決死の覚悟と共に何千キロもの旅をして帰って来るんだもの。
糞だって、どうせ虫しか食べてないし。
我が家においで〜と毎年待っているのですが、全然来てくれない。
やはりマンションでは巣が作りにくいらしい。
我が家に来たら歓待するのにな〜





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きゃ~~ん♪
ツバメ可愛いなぁ~
うちにも来て欲しいけど
猫がウヨウヨいるから無理かな~?

ヨモギ、いっそ栽培しちゃえば?(^^;
あれって種とか出来ないのかしら?
栽培しちゃえば綺麗なヨモギがGET出来るじゃないですか~
あ、でも量が限られちゃうか。

No title

こんにちは^^

よもぎハンターですね( ´艸`)

よもぎ入浴剤ご主人も肌がすべすべなんですね~♪

よもぎ摘みも危険なんですね^m^

いっそのこと、根っこごと引き抜いてきてよもぎを育てちゃうって言うのはどうかな~?^^

ツバメ可愛いですね(*^。^*)
そう言えば、軒下にしか巣が無いのはそういう理由だったんですね(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

でも、また疑問が。。。
人間が家を作る前には、ツバメはどこに巣を作ってたんだろう?@
フリーエリア


いつでも里親募集中


最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。