スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッタが産卵しました

こんにちわ。

内容が弁当ではなくバッタです。
虫が苦手な方はスルーして下さいね。

先日、 4歳次女に捕まった哀れなオンブバッタ のメスが産卵しました。

      ↓ 産みそうな状態と産んでいるの図。
  • CIMG6364.JPG
  • CIMG6343.JPG
実は約3日位前から、メスバッタ(バタコ)の様子がずっと変だったのです。
キャベツをぱったり食べなくなり、落ち着きなくあちこちを歩き回っている。
産気づいているに違いない。
安心して卵を産める場所を探し求めていると見た。
同じ母として他人事じゃないですよ。
一応、卵を産む用に土を入れたカップを用意してはあったものの、彼女にとっては満足いく環境ではないらしい。
と、いうことで虫かご全体に土を敷き詰めました。
その数時間後。
バタコは産卵を始めました。
5回位、場所を変えてひたすら産み続ける。

     ↓ バタオも見守る。
  • CIMG6361.JPG
いつもキャベツに貼り付きっぱなしのバタオが、バタコの応援の為に虫かごの天井に貼り付いて見守っている(と思いたい)。
ただ今の時刻、午前1時。
私は明日、また早起きして弁当を作らねばならないのに、産むバタコに目が釘付けで全然眠れない。
寝ている旦那を起こして「バッタが卵産んでる!」と伝えたのですが。
布団の中で「それはよかった。」と言い、再び寝てしまいました。
この感動を伝えたかったのに、反応がニブすぎてフラストレーションのみが残った。

     ↓ 産卵後、キャベツに貼り付くバタコ
  • CIMG6368.JPG
産卵が終わり、お腹が空いたのか、キャベツに貼り付いて食べ始めるバタコ。
よかったね、お疲れさま。

     ↓ その後、キャベツの上で産卵したバタコ
  • CIMG6372.JPG
・・・もー、何やってんの〜。
腹へって地面に下りるのがメンドクサくなったに違いない。
しょうがない、私が土に埋めておいてやるけどさ〜。
あんた、ズボラな性格だね??
キャベツ食べながら産むのはヤメなよ〜。

夏の終わりはいつも寂しいです。
一年で一番寂しい。
あんなに鳴いていた蝉の声が聞こえなくなり、萌えるような緑の葉が色を変え、空が高くなる。
高3の夏、この半袖のセーラー服をもう二度と着ることはないのだと、切ない気持ちになった事を思い出す。
ーー通常、バッタは越冬せず、夏の終わりに産卵し、冬を迎える前に親は死に、卵がまた来年の夏に孵るという生態だそうです。
室内の比較的暖かな環境で飼っていますが、多分、バタオもバタコも越冬できないでしょう。
託された卵達は、来年の夏、子供達が産まれるのを楽しみに、私が守ります。
夏の虫を飼うのは、別れが近すぎて悲しい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア


いつでも里親募集中


最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。