FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎさん弁当 と 子育ては難しい

こんにちわ    

   ↓ うさぎさん弁当
  • CIMG6223.JPG
豚コマを炒め、麺つゆでからませたものを卵と薬味ネギでとじました。
ご飯が進むオカズです。
あとは焼きナスのチーズ乗せ、ブロッコリー、パイナップルです。
カッターでウサギの形に切った海苔を乗っけました。
が、作っては見たものの、かわいくない。
しかし次女は「うさぎさんだ〜!かわいい〜」と喜んでくれました。
うえーん、ありがとう、次女。

わたくし、8歳長女と4歳次女の執事(奴隷ともいう)となり、せっせとご主人様達に仕えた夏休みを過ごしました。
お嬢様方の水泳教室の送迎、お食事の用意、学業指導など、ありとあらゆるケアをする。
まさに執事。
執事カフェに行かなくても、私がリアル執事状態。

    ↓ こんな感じ。
  • 執事.jpg
・・・あれ?私は女だからメイドか??
ま、そこは置いて置いて。

4歳次女の通う、水泳教室での出来事です。
先生の目を盗んで次女をツネる子がいました。
そういった意地悪を受けた事のない次女は、その場で何も言えず固まっていたようです。
ツネられたら「ヤメて」と言うように言ったのですが、怖くて言えないと半べそをかく。
いかん!
こんなヘタレのままでは、この先の次女の人生、やられ放題になってしまう。
・・・ということで「やめて!」と言う特訓をしました。
内容は単純で、次女を頻繁に軽〜くツネり、「やめて」と言うまでツネり続ける。
旦那、私、長女の3人からツネられまくり、本人もイヤな事をされた時に「やめて」と意思表示する事は大事なんだと理解してくれ、ちゃんと「やめて」と言えるようになりました。
んで、もちろん私も水泳教室の先生に相談し、様子を見てもらうようにしました。
そして私も次女もドッキドキの水泳の日。
次女は「やめて」と言うことができました。
そうしたらツネる子は「ごめんね」と謝ってくれたそうで、その後はツネられる事もなくなりました。
次女と仲良くなりたい、という気持ちの裏返し行動だったようです。

先生に苦情を言って丸投げするのは簡単だけれど、本当の解決になりません。
第二、第三の今回のような子が現れた時、本人が対処できません。
本人に、イヤな事はイヤだと言える勇気を持たせなければこの先、苦労してしまいます。
・・・な〜んて、エラそうに書いていますがね。
実は私、ツネられたと聞き「クソガキ〜!!」と、怒りで頭に血が登ってしまいました。
冷静さの欠片もなし。
冷静になれたのは、長女が「やめてって、ちゃんとツネって来る子に言った?」と次女に聞いた時です。
あ、そうじゃん。
それがまず最初じゃん?
頭にきすぎて、あやうく水泳教室の先生に感情的な電話をしてしまう所だった。。。
子育てって、冷静さが大事だな〜。
そして難しいな〜。
ありがとう、長女。
長女、この先も指導、たのんます。
たよりなくて、ホント、すまん。
長女、その冷静さ、たよりにしてます。
もちろん旦那もです。
私の足りない所を補って下さい。
関連記事
フリーエリア


いつでも里親募集中


最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。