スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚の角煮弁当 と 余部鉄橋を見に行きました

こんにちわ。
今朝起きたのは9時半です。
起こしてくれたのは4歳次女で、いきなり鼻に小さな指を突っ込んで来ました。
あんな奥まで指が入ったのは初めてです。
痛いんで、そういう起こし方はカンベンして下さい。

   6/15 豚角煮弁当
  • CIMG5274.JPG
豚の角煮を、ご飯とほうれん草の炒め物の上に乗せました。あとは甘い炒り卵、オレンジです。
次女は完食してきてくれましたが、旦那は胃にもたれたらしく豚角煮を1切れ残してきました。
あ、ごめん、こってり過ぎた。

先日、余部鉄橋を見てきました。
見たかったのは、旧余部鉄橋です。
旧余部鉄橋とは、JR山陰本線にある明治45年に作られたアメリカ製の全長309,4m、橋脚の高さ41,5mのトレッスル式鉄橋(山岳地帯で使用される橋)の事です。
アメリカ映画で出てきそうな、雰囲気のある鉄橋です。
一眼レフを持つ鉄道マニアらしき方々に混じりながら、「なぜここに自分がいるのか?」という若干の違和感を持ちつつも行ってきたわけです。

     ↓ 駅までひたすら坂道です。
  • 駅までの道.jpg
余部駅はとても高い所にある。。。ということは登るわけです。
見た瞬間、帰りたくなるような坂道が続きますが、頑張って登りました。
通勤でこの道だったら、下半身マッチョになるな。

     ↓ 駅までの道の中腹にて。
  • CIMG4602.JPG
旧橋(赤いトレッスル式鉄橋)と、新しいコンクリートでできた橋とが連立しています。
非常に高い。
よくもまあ、こんな高い所に線路を作ったのう。
しかも明治時代に。。。。

     ↓ 待ちに待った、一時間に一本の電車がやってきました。
  • CIMG4597.JPG
我ながら、出来のいい写真ではないかと思います。
何か充実感に満たされ、鉄っちゃんの気持ちがよくわかるようになってしまいました。

   ↓ 橋脚下に立つ、慰霊碑。
  • CIMG4613.JPG
この余部鉄橋。
実は昭和61年に回送電車の転落事故があり、6名の死者、6名の重傷者を出してしまいました。
原因は突風です。
犠牲になった方への慰霊と、今後の事故防止への願いを込めて慰霊碑が出来たようです。
そして赤いトレッスル式鉄橋は、少しづつ取り壊しが行われています。
寂しいような気がしますが、人命の為には仕方ない。
古いものは、新しいものと交換せざるを得ない時期が来るのだ。
しかし、明治45年作の鉄橋が、昭和61年まで無事故というのはすごい技術だと思います。
突風さえなければ、今も赤い鉄橋の上を走っていたのかもしれません。

    ↓ マンホール
  • CIMG4610 のコピー.JPG
余部駅にもやっぱりありました!マンホール。
左上に書いてある「かすみ」とはこの土地、香住町のことです。
んで、描いてある灯台は、御崎灯台という日本一高い所にある灯台です。
ここの水道局も、粋だのう。

 おきてがみ

  にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア


いつでも里親募集中


最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。