スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3食作るのがヤだ。

ある日のお昼ご飯。
      
     ↓ おでんの残りですわ。
CIMG9243
当然のごとく、鍋からいただきますわ。

あら?

ほぼ練り物だわ?

我が家のおでんは、練り物が不人気だからな〜。

卵も不人気で、あやうく一人で卵を3つも食べなきゃならない所だった。

子供たちに無理矢理、食べさせといてよかったわ〜。



ーーーうう、懐かしい。。。

こんな一人昼飯が懐かしくなる位、今の私は飯炊き女なんですわ。。。


子供たちは21日から給食終了で、午前中で帰って来る。

旦那も25日から冬休みに入った。

そして家族全員、かなりのニート属性のインドア派で、外出を嫌う。

全員、きっちり、お昼を家で食べるんですよ、毎日毎日。

んで、一応、りちぎに食べた皿はキッチンに運んでくれるのですが、、、

    ↓ 全員、一列、前ならえ〜
CIMG9138

    ↓ 上から見た図
CIMG9139

キッチンが狭いんで、コンロ横だの、炊飯器の上だの、ありとあらゆるスペースを使って皿を置く家族。

ーーたまには洗う気ない??  

ないよね〜

    ↓ ホントに、狭い。
CIMG9210
給食が始まるのは、1月13日。

めちゃめちゃ遠く感じる。

それまで3食作り続け、この食器の前ならえが続くわけだ。

大掃除? 何それ??

年賀状? 忘れたい。

電気のカサの中が虫だらけって事に、半年位前から気づいているのだが。

もう、このまんま、年越してもいいよね。











スポンサーサイト

ポットを洗浄した

もうお昼なのね?

時間が経つのって、早いわね〜

今日のお昼は、、、
CIMG9229
昨夜の煮込みうどんの残った汁に、手で引きちぎった白菜3枚とうどんをブチ込みました。

当然、鍋で食べますわよ。 エコの為ですもの。 

あら?

少し酸っぱいわ。

そういえば、長女が汁を大量に残してたから、丼に残った汁をバサーッと足したんだったわ。

長女、何か口から出たのかしら?  酸味系の何か。

ま、気のせいね。 




もうね〜〜、毎日酷使してる電気ポットの中が、カオスなんですわ。   
         ↓
CIMG9223
まさに暗黒。 ダークマター。

何が困るって、水量目盛がぜんっぜん見えない所ですよ。

かろうじて「ココマデ」「10」らしき物は見える。

だが、それ以下の水量目盛は暗黒世界に飲み込まれ、解読不能。 

お湯の計量って、案外、料理していると必要になります。

電気ポットに書かれている目盛の存在を知りながら、計量カップで水量を計る愚かしさ。

そしたら、クエン酸(前に100均で買った)が効くという話を聞きましてね。

早速やってみることにしましたよ。

   ↓ とりあえず、クエン酸をぶち込む。
CIMG9224
クエン酸の量?

うーん、ちょっとわかんないです。

袋から、たまたま出た量って感じです。

ネットでググったら、しっかりした方のHPで指導して下さると思います。

水を「ココマデ」まで入れて、お湯を沸かします。

     ↓ お湯が沸いたら、一晩ほっとく
CIMG9225
うっかり飲んだら危険なので、一応メモを貼っておきました。

私以外で、この電気ポットを使う人はいません。

明日の自分の為に貼ったわけです。 一番飲んじゃいそうなのは、最近、ボケがちな私だ。。。

     ↓ 本当にきれいになった
CIMG9227
一晩待たずに、沸騰して30分後に覗いてみたら、この有り様。

化学って、すげーーー!!

みそ汁鍋の焦げ落とし の時もお世話になったのだけれど、クエン酸には本当に助けられてる。



悲鳴が出ない


年のせいか、悲鳴を出そうとすると、タンが喉にからまっちゃって、ダミ声しか出て来ないんですよ、私。

「キャーー!」じゃなくて「カーーッ!」

瀕死のカラスのよう。

ホラー映画で綺麗な悲鳴あげてる女性がうらやましいわ。





実家の両親が畑を趣味にしてまして、収穫物を送ってくれます。

完全無農薬のおいしい野菜です。

シチューに入れようと、一つ一つ、フサをカットして行くと、、、、





      ↓ グロ注意







      ↓   やっぱ、いると思った〜〜!!CIMG9208
やっぱいたか、イモムシ。

ほんと、お前ときたら、毎回毎回、いるのう。

しかも、めっちゃ肥えとるやん。

当然ビックリしましたから悲鳴をあげたわけです。

「カーーーッ!」って、タンを切るように叫ぶ私。

悲鳴(?)を聞きつけた長女と次女がやってきて、やっぱり同じように悲鳴をあげるわけです。

「きゃ〜〜!」っと、美しく。

ーーータンのからまない喉がうらやましい。。。

んで、次女が「飼おうよ、飼おうよ」と言い出す。

以前、飼った記憶があるせいか、やたら飼いたがる。

どう見ても蛾の幼虫なので、庭に放しましたがね。


     ↓ おいしく出来ました
CIMG9209
もちろん、綺麗に洗って、おいしく完食。

イモムシが、むしゃむしゃ食べるほどに安全で栄養価が高いということだ。

お父さん、お母さん、ありがとう。









フリーエリア


いつでも里親募集中



最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。