スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イナダをサバキながら、食物連鎖に思いを馳せた件

こんにちわ。

毎日暑いですね〜〜
電気代ケチって節電生活していたら、暑さに強い体になってきました。
・・・と思ったら、年のせいで暑さにニブい体になって来ただけでした。
何事につけてもニブくなってきた。
これが40代というものか。
筋肉痛も、運動した事を忘れた頃にやってくる。
このままでは暑さによるダメージも、秋に来るかもしれん。。。

先日「イナダ」というブリの幼魚を買って来ました。
幼魚と言えども結構でかい。
サンマや丸アジよりもでかい。
その上、一匹98円。
何てお財布にやさしい魚だ。
内蔵取って塩ふって焼くだけでゴチソウになるんで、大喜びで買いましたよ。
んで家に帰って腹を切っていたら、何か黒い。
あれ?
今まで色んな魚をサバイてきたけれど、黒いパターンは初めてだ。
ーーー。
胃の中に、スミ吐いたイカが入っていた。
食われたイカが、胃の中で必死にスミを吐いたんだと思います。
ーーまだ何か入っている。
豆アジだ。
ーーーまだ何か出て来る。
イワシの稚魚が大量に出て来た。


    ↓  全部出したらこんな感じ。
CIMG8165
すんごい出て来た。
すんごい食べてるのだ。

ブリはハマチの幼魚だそうで。
要するにこういう感じ?

イナダ →  ハマチ  →  ブリ

ブリに至っては、切り身でしかお目にかかったことがありませんがね。
一匹のイナダがブリになるまでに、どれほどの小魚が必要になるのか。。。
検討もつかない。
最初のうち、大量に出て来る小魚のグロさに引いたが、食物連鎖の何たるかをまざまざと感じた。
このイナダを食べることで、自分も生かされるのだな〜と。
食べ物のありがたみを感じた。
もちろん、完食した。
   
でもこのイナダ、一気に食べ過ぎちゃう? 
腹の中、ほどんど小魚だったよ。
胃もたれで体調悪くして捕まったんじゃないかと思うわ。







スポンサーサイト

ゆるキャラ その3

こんにちわ。

生ゴミのクサイ季節ですね。
フタを開ける度にコバエが出入りする、我が家の超臭いゴミ箱。
開ける時は鼻をつまみ、超高速でフタ開けてゴミを捨ててます。
今、ゴミ箱内部では、丸アジの内蔵と食べ終わった後の頭が発酵している。
・・・死ぬほどクサい。
クサくて耐えられん。
早く涼しくなって〜〜


日本全国にいる「ゆるキャラ」。
その定義は、「地域全般のイベント、各種キャンペーン、地域おこし、名産品の紹介などのような地域全般の情報PR、企業・団体のコーポレートアイデンティティなどに使用するマスコットキャラクターのこと。」だそうです(wikiより)。
可愛いだけではなく、個性あふれるゆるキャラたち。
   ゆるキャラ その1
   ゆるキャラ その2
    (↑ 過去記事です)                          

最近出て来た「ふなっしー」「にしこくん」は、以前のゆるキャラとは少々違い独特の個性で楽しませてくれます。
中の人の個性大爆発〜みたいな。

  ↓ ふなっしー(設定:梨の妖精)
ふなっしー
着ぐるみなんぞ物ともせず、高速で動くことができる。

  ↓ にしこくん(国分寺跡から発掘された“あぶみ瓦”がモチーフ)
にしこくん
手がないんで、握手は股ばさみで行う。



んで、最近出て来た新しいゆるキャラの様子をググっていたら、こいつがヒットした。


















  ↓ 愛知県岡崎市のご当地キャラクター、オカザエモン。
オカザエモン2
オカザエモン3
よく見ると、顔全体が「岡」になっている。
ということは、胸に書いてある「崎」の字と合わせると、「岡崎」になるわけだ。
岡という字が顔になるなんて、考えもしませんでしたよ。
「嫁に逃げられた子持ちの40歳」という、非常に切ない設定になっている。
よく見ると、靴が普通のスニーカーだし。
徹夜で頑張って作りました、的なクオリティーが感じられないでもないのだけれど、このオカザエモンがすごい人気らしいのです。
初期のゆるキャラたちが目指していた「地域に愛され、グッズが売れるような可愛らしさ」なんてものはどこへ行ったんですかね?
日本人のストライクゾーンの広さを感じる。




  ↓ こいつよりはマシか、とも思う。
メロン熊
北海道夕張市にいる「メロン熊」というゆるキャラ。
すんごい怖いんすけど。
何でこんなになったのか?と思ったら、
「おみやげ売場にはカワイイ物しかなく、消費者は飽きている。かわいさを狙ってもうまくいかない。
熊は本来怖いものだから、怖さを表現したかった。」
逆転の発想に驚かされた。
商売とは奥が深いなあ。








頭シラミとの戦い

こんにちわ。

夏休み間近。
小学校も午前だけの授業となり、ムスメ達が昼前に帰って来るようになりました。
豪華な学校給食とも、しばしの別れ。
私の作る質素な昼飯に、たった2日で嫌気がさした長女。
「また納豆〜??飽きたよ〜。」などとホザく。
あたしなんて、毎日昼飯が納豆ご飯なんだぞ〜
悪いが、我が家の昼食は質素倹約と決まっておる。
・・・納豆ほど、安く、健康食で、ご飯のお供で、楽チンな食材はない。





今回の内容は、かな〜りグロいです。
なのでグロいものが平気な方のみ、下へ行って下さいね。
             ↓
   
             ↓
   
             ↓

             ↓

             ↓

             ↓

             ↓
           
             ↓

          覚悟はいいですかね??
             ↓

             ↓

             ↓


ある朝のこと。
ムスメ達の髪の毛を整えている時に気づきました。
最近、白いフケみたいなのが目立つ・・・

       ↓ こんなの
CIMG8065
何だろ? フケ?? 
毎日ムスメ達の髪の毛を洗ってはいるが、洗いっぷりが足りんのかな?
なんて思いつつ髪の毛をとかしていると。。。

       ↓ こんな奴が娘の頭の中を歩いていた。
CIMG8070
こんな虫が大量に、テクテクとムスメ達の髪の中を歩き回っている。
シラミなんて初めて見たので、もっのすごいびっくりしましたよ。
最近頭がカユかった私も旦那も頭を見てみたら、奴らがテクテクと歩いていた。
家族全員が頭シラミを頭皮に飼っていた。

       ↓ 鳥肌が立つほどにキモい。
頭シラミ

↓ 大急ぎで行った皮膚科で、このシャンプーが処方された。

このシャンプーは強烈な効果があり、成虫は100%死にます。
しかし、卵は殻に守られている為、効果がありません。
シラミどもが卵から孵る頃、またシャンプーしなくてはならないのです。
髪の毛にたくさん貼り付いて全然取れない卵たち。
いつ孵るかわからない為、シャンプーし続けなくてはならない。
・・・農薬と同じ成分で出来ている、このシャンプー。
たった一回の使用での成虫の全滅っぷりに、恐怖心が生じる。
こんな強烈に虫が死ぬ薬を、人体、しかも子供に使って大丈夫なんだろうか。。。
と言うことで、民間療法に頼ることにした。


以下二点を購入。


ティーツリーオイル(頭シラミがいやがるニオイがする)

頭シラミの卵を取る櫛(卵は髪の毛にベッタリと貼り付いて取れないのだ)


シャンプーが2100円。
ティーツリーオイルが3820円。
頭シラミ用の櫛が2680円。
合計、8600円。
はっきり言って、散財。


       ↓ 買った櫛で、あんなに取るのに苦労した卵がごっそり取れた。
CIMG8113
櫛の歯にくっついている小さな黒いポツポツが、全部卵です。
強烈にキモい。
キモいが、取れっぷりが気持ちいい。
キモ・キモチイイという不思議な感覚。

頭シラミが発覚してから、約1週間で頭シラミはホボ壊滅しました。
経過としては


    1日目  皮膚科で処方されたシャンプーで成虫全滅。

    2日目  ティーツリーオイルをシャンプーに混ぜて頭を洗う。
         洗髪後、再度ティーツリーオイルを頭皮に擦り込む。

    3日目  上記を継続。 
         通販で購入した頭シラミ用の櫛も届き、卵を大量に駆除できた。

    4日目         同上
    5日目         同上
    6日目         同上
    7日目       ほぼ卵も消えた。

ティーツリーオイルと頭シラミ用の櫛は、今でも継続しています。
シラミは不潔な所が好きという訳ではなく、人間の頭皮がシラミにとって快適な空間(暖かくて、血吸い放題)だということなようです。

・・・それにしてもキモかった。
大量の小さな虫と戦うのは、トラウマになる。
私は、ムスメ達の髪の毛を縛る度に頭皮をチェックするようになってしまった。
自分の頭がカユい時は、頭シラミ用の櫛で卵チェックするようになってしまった。

ー私の中に、立派なトラウマが出来上がった。










ツバメの巣のその後

こんにちわ。

前回、 ツバメの巣を落としてしまった私ですが、その後のご報告です。
カップ麺の巣に、親鳥もやってくるようになって一安心、と思っていたのですが。。。。

      ↓ 空っぽの巣。 
CIMG8074
ある日突然、ヒナがいなくなりました。
カラスや猫の襲撃の場合は、巣に痕跡が残ります。
が、まるでありません。
多分、蛇が再度襲撃してきたのだと思います。
蛇は静かに、丸呑みにしていったのだと思います。
・・・たった一羽だけ残った子だったのに。
二羽の親鳥が、巣の周りを激しく飛び回っている。

      ↓ 死んだ子ツバメの親
CIMG7588
毎日毎日、巣にやってきては、啼く親鳥。
ツバメは愛情深い生物なのだと身にしみて思った。
自然の摂理とはいえ、、、、失った子を求める姿がつらい。
自分がもし子を失ったらと思うと、気持ちを重ね合わせてしまう。
まさか蛇がまた来るとは思わなかった。

蛇が悪いわけじゃない。
蛇だって生きる為にヒナを食べたのだ。
私だって生きる為にどれだけの命を食べて来た事か。

 「ひとりの人間が1年間生きるためには、300匹のマスが必要。そのマスには9万匹のカエルが必要で、そのカエルには2700万匹のバッタが必要で、そのバッタは1000tの草を食べなくては生きていかれない(G・タイラー・ミラー)」

人間として生きていて思う。
人間が、現在の生態系を良くも悪くもできる存在なのだと。
私の「蛇を追い払う」という行為を、すべての人間が行ったなら。
生態系を破壊することになるのだ。
蛇を追い払うという行為が良かった事なのか、悪かった事なのか。
答えは「悪かった事」なのかもしれません。
でも私は、メンドクサイ「感情」を持った人間なんで、また見かけたら同じ行動をしてしまうと思います。

ツバメの巣のあったお店の方が、蛇が登って来れないようにネットを張る、とおっしゃっていました。
蛇には悪いけど、うれしかったです。
来年、また来た時には無事に巣立って欲しい。
・・・今日も親ツバメたちは、巣の周りを飛び交っています。

あの子を守ってあげられなくて、ゴメン。







フリーエリア


いつでも里親募集中



最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。