スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨモギ入浴剤を作りました

こんにちわ。

幼稚園の役員の仕事でテンテコ舞いです。
遊具のペンキ塗りが終わったと思ったら、今度は余った布でドレスとマントを作れと言う。
しかも雑巾しか縫えん私が主導。
現在、園児たちのママ達を強制労働に巻き込んでマント16枚ドレス14枚を製作中です。
いいお母さん達でよかった。。。
いい人たちすぎて泣ける。。。
完成したらUPさせていただきますね。

最近、草の伸びがすごいですね。
植物のパワーは本当にすごい。
そのパワーを私にも分けて欲しい。
んで、この草を何とか美容に活用できないかと模索しました。
そしたらヨモギ風呂というのを見つけたので、やってみました。

    ↓ 今までそんな気にもしていなかったが、やたら生えている 
CIMG7778
ハサミとポリ袋片手に、ごっそり収穫。
雑草と化している為、無断で取っていても誰も文句を言わない。
ここは、人んち駐車場の片隅である。

    ↓ 干す。
CIMG7833
このスペースではまんべんなく干せないけれど、気にもならない。
ベランダが狭いんで、これ以上広げると洗濯物に支障が出るのだ。
茹でちゃうんで、乾いていようが乾いていなかろうが別に関係ないんじゃないかと思う。

    ↓ グツグツと茹でる。 
CIMG7770
約10分程度茹でる。
家中にヨモギ臭がただよう。
たまに、ヨモギにくっついていたテントウ虫の幼虫が茹でられ、鍋の中で対流している。
・・・テントウ虫、ゴメン。。。
テントウ虫のエキス入り入浴剤だ。

    ↓ 牛乳パックと茶こしで即席こし器を作ってこす。
CIMG7775
このこし器、我ながらいいアイディアだと思った。
ある物は何でも使う。

    ↓ よもぎ入浴剤が出来上がった。
CIMG7777
    ↓ 湯に入れた。
CIMG7834
ヨモギの香り漂うお風呂はいい香り。
ヨモギ風呂の効果は、冷え性、湿疹かぶれ、血行促進、美肌効果、痔、抗菌作用、肩こり、腰痛、デリケートゾーンのかゆみ、しもやけ、あかぎれなどに効果があるそうです。

☆ 妊婦さん、ヨモギアレルギーの方は辞めた方がいいです。

1週間ヨモギ風呂に浸り続けていますが、肌がツルツルしっとりします。
ヨモギに含まれる植物性油が、肌を保護してくれているのだと思います。
ムスメ達は毎年夏が近づくと汗で関節あたりの皮膚が赤くなって痒がりますが、しっとりするせいか、まだそれがありません。
冬になったら冷え性に効くに違いない。
ヨモギは年中生えています。
と、いうことは、私は年中ヨモギ風呂に入れるということです。

・・・収穫しまくっていたら、私の家の周りのヨモギはすっかり減ってしまった。
川原まで足を伸ばすことにする。



スポンサーサイト

懐かしいもの

こんにちわ。

昨年、静岡県にある「ちびまる子ちゃんランド」に行って来ました。
そこで展示してあった物があまりにも懐かしかった為、写真に撮ってきました。
ちびまる子ちゃんの年代は昭和50年代。
40代の自分には「ズバリ! ジャストミートでしょう〜(まるお君風)」な感じ。
なつかし〜〜

    ↓ およげたいやき君
CIMG3643
一時、この曲を聞かない日はなかった。
子供の頃は気づかなかったが、年取ってから歌詞を読んでみると、自由を手にする為に全てを捨てた場合のサラリーマンのリスクを感じる。
奥が深い歌だったんだなあ。。。

    ↓ ヨーヨー 
CIMG3641

    ↓ レコードプレイヤー
CIMG3634

    ↓ 給食
CIMG3635
当時はアルマイトの食器でした。
古くなって来ると、ボッコボコだったり、傷がついていたり黒ずんでいたり。
子供の頃は汚い皿がいやだったけれど、今は逆に味があっていいじゃん、なんて思う。
昔の給食が食べられるレストランがあるけれど、すごく行ってみたいわ〜
んで「懐かしい〜!」と連呼してガツガツ食べたい。

    ↓ 水飲み鳥
CIMG3632
高校の時、当時担任だった一人暮らしの独身男性教諭が、
「自宅に帰った時に何も動いていないと寂しいので、水飲み鳥を玄関とリビングの2カ所に置いています。おかげで帰っても寂しくないです。」とみんなに言っていた。
本当に寂しいんだなと思った。
数年後、先生は教え子と結婚した。
結婚後、先生は水飲み鳥をどうしたんだろうか?
水飲み鳥が一人暮らしの男性の孤独を和らげるなんて、制作者は想像したんだろうか?

    ↓ ミニピアノ
CIMG3629

    ↓ アメリカンクラッカー
CIMG3630

    ↓ 綺麗なドレスを着た人形
CIMG3628
こういうドレスが憧れでした。
でも私、こういう人形が飾ってあるとスカートの中を必ず覗いていた。
ドレスは素敵だが、パンツ履いてるのか履いてないのかも気になる。
子供の頃から、細かい所のクオリティーを追求していたのかもしれない。

    ↓ モンチッチ
CIMG3642
大ブームを巻き起こしたモンチッチ。
昭和53、54年に年間30億円も売り上げたそうです。
ぬいぐるみで30億。
私も何か作ろうか。。。

    ↓ ピンクの電話
CIMG3638
電話がでかい。
現在の電話機の、軽量化・高機能化を再確認する感じ。
この頃はみんな、電話をかける為に10円玉を持ってました。
誰かのお宅で電話を借りたら、10円をそっと電話機のそばに置いて置いたりもしました。

この時代。
何となく貧乏で、何かしら不便で、新しいものに敏感で。
でも時間は今よりもユックリ動いていた気がする。
現在利用している品々でも、数年後に懐かしく思う日がくるんだろうか?
ふとそう思って自分の周りの品々を見回してみた。
・・・ないわ。
今ってブームに乗って何か買うこともしないし、基本、長く使える物を買っている。
あるといえば、子供の使っている物や服だわ。
懐かしいけれど、昔が良かったかというとそうでもない。
物を大事にして長く使おうとしたり、緑を大事にしたりエコを心がける今の方が私はいい。
価値観の違いでどちらが良いかは意見が分かれると思うけれど。
時代は流れるんだな〜。


何と言っても!!
ネットのない世界で、私はもう生きられない〜!!

きんかんジャムを作りました

こんばんわ。

ハードな出張中、旦那はキンカンにはまりました。
接待で行った店で出たそうなのですが。
体に染みる美味しさだったそうです。
以来、旦那はキンカンを買い続けているのですが、出張中に食べた味と再会できないようです。
疲労した肉体が美味しさを倍増してくれたのか、食べたキンカンが純粋にうまかったのか。
わかりません。
が、食べてみないと当たり外れが分からないのがキンカン。
買ったはいいが、食べて美味しくなかったキンカンが部屋の片隅でひからびていく。
・・・「 ヤバい果物はジャムにする 」ということで、見かねてジャムを作りましたよ。


















    ↓ 旦那が。
キンカンジャム作り
前ぶれもなく、突然作り始める。
男の手料理が始まる。

    ↓ 洗わずに火にかける。
CIMG7593
洗うという概念はない。
うーん、漢らしい。

    ↓ 水を入れて潰して煮込む
CIMG7594
水を入れ、マッシャーでガンガン潰す。
火にかけた状態で潰している為、「アチー、アチー」言っている。
「水は入れない方がいいよ」「砂糖を入れて煮込んでいるうちに溶けて来るよ」というアドバイスはしたのですが、我が道を貫いて行く。。
フロンティア精神ですな。
・・・ホットきんかんジュース状態。。。

    ↓ 完成した
CIMG7596
思いっきり煮込み続け、水分を飛ばしました。
多少無茶をしても、煮込み続ければジャムは出来上がるんだなと思った。

しかし残念ながらキンカンは幼い子供たちには不評でした。
私も柑橘類の皮は苦手な為(マーマレードも苦手)せっかく作ってくれたからと頑張って食べてはみたものの、あまりそそらない。
不人気なきんかんジャムを何とかしようと、旦那も焼酎に入れてみたり、パンに塗ってみたり。
自作のジャム愛おしさに頭がおかしくなって、ヤキソバにまで入れようとする。
最後はカレーに入れて煮込みまくって食べました。
完食。
カレーからは全くキンカンジャムの味はしなかった。

一つ、知恵がついた。

「失敗した食材はカレーに入れる。」

旦那、作ってくれてありがとうね。





最新ゴミ処理

こんにちわ。

ゴールデンウイーク中、ゴミ処理施設見学に行って来ました。

      ↓ ここ
CIMG7674
エコパーク網干という施設です。
一回、爆発している。
マニアすぎるのか、わざわざゴールデンウイークに行くような場所ではないのか、ちょっとわからないが、私たち含めて2家族しか見学者はいませんでした。
・・・とても静か。
本当にゴールデンウイークなのか?と思った。

    ↓ ゴミ収集車がゴミを入れる所
CIMG7658
見学をしに行った日はゴミ収集日ではなかった為、稼働していませんでした。

    ↓ 大量のゴミ。
ゴミ
小さなつぶつぶに見えるが、全部ゴミ袋である。
巨大なクレーンでUFOキャッチャーのようにゴミを溶鉱炉へ入れて行く。
このクレーン、小さく見えますが一つかみ3トンです。
このゴミの量には本当に驚く。

    ↓ 溶鉱炉でゴミを燃焼・溶解処理する
溶鉱炉

    ↓ 溶鉱炉の模型
CIMG7672
溶鉱炉ってこんな感じになっているのか〜
1800℃もの高熱でゴミを焼き溶かす。
溶けたゴミ達は、水蒸気・スラグ・メタル、という3物質に変わってしまうのだ。
ゴミの量が多く、24時間稼働して焼却処理しているそう。
CIMG7669
スラグはアスファルトに再利用され、メタルは工事車両の重りになったりします。

     ↓ 出た水蒸気で発電もしている。
CIMG7673
UPしたのは燃えるゴミ処理の様子だけれど、プラ容器や瓶、ミックスペーパーなどもきっちりリサイクルされていた。
自分の中のゴミ処理場のイメージは煙突から煙がボーボー出て来るというものだったけれど、今は随分変わったのだなと感じました。
溶鉱炉を24時間稼働しても処分しきれないゴミの量って、ゴミ出し過ぎだと思う。
リサイクルや、ゴミを出さない努力の必要性を感じる。
一緒に行った家族のうち、9歳長女がゴミにやかましくなった。
ちゃんと分別しているから、安心していいよん。




フリーエリア


いつでも里親募集中



最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。