スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日当り悪くてマジ、ごめん

こんにちわ。

先日、次女が幼稚園で育てていたチューリップを持ち帰ってきました。
太陽が大好きなチューリップ。
元気いっぱい咲いていたチューリップ。
我が家にやって来て、、、、

























     ↓ 約一週間後・・・。
CIMG7584
瀕死状態。
家のベランダ(マンション)は、午前中しか日が当たりません。
ちなみに白い鉢には去年の冬にもらったチューリップの球根が植えてあるのですが、少し芽が出たのち、腐ってしまいました。


     ↓ 同じ日に植えられた、幼稚園のチューリップ
CIMG7601
幼稚園は非常に日当りがよく、植物がよく育つ。
毎日ムスメを幼稚園に送迎しているのですが、この元気なチューリップ達が目に入るわけです。
日が当たる、日が当たらないでこれだけ植物の成長は変わるのだ、と、心底感じる。
・・・我が家のチューリップよ、日当り悪くてマジ、ごめん。


     ↓ んで、神社で見つけた武者小路実篤の言葉
CIMG7608
「人が見ていようが見ていまいが、信念を貫く」という意味なのですが、このチューリップ達を見ながらこの心が震えるような言葉を読むと。

様々な過酷な状況下に置かれる植物たち。
無事に花を咲かせるまでの苦労をエラそうに語るでもなく、咲いた姿を見せることを恩着せがましくするでもなく。
自分を貫くことの潔さを教えてくれる。
そして、、、そんな努力をして咲いた、我が家の枯れかけているチューリップ。
決して私を責めない。
ただ、ひっそりと耐えている。。。。
耐えて、耐えて、耐えた結果がこの瀕死の状態なのだ。
うえーん!!
日当り悪くてマジでごめんよ〜〜!!

植木鉢をシレッと幼稚園に置いて来ようか。。。

スポンサーサイト

イチゴジャムを作りました

こんばんわ。

先日、バザーへ行ったら、イチゴが叩き売られていました。

     ↓ 4パックで500円。
CIMG7396
新鮮さが微塵も感じられないイチゴであった。
イチゴは足が早い為、売っている人も必死だった。
「下の方見ても腐ってないし、全然大丈夫でしょう?500円!安いでしょう〜?」
・・・安い、安すぎる。
腐る寸前の安さだ。
うふふ。
これなら「イチゴ丸ごとジャム」が大量に作れるぞ。
と、いうことで買いました。
店の人に異様に喜ばれた。
よほど片付けたかったんだなと思う。

     ↓ 洗ってヘタを取り、砂糖をまぶす。
CIMG7401
砂糖の量はテキトーです。
この状態で半日置いて置きます。
すると浸透圧でイチゴから水が出てきます。
置いて置いたら、ムスメ達にゴッソリつまみ食いされました。
おいしかったそうです。
家のムスメ達はつまみ食いばっかするが、うっかり バスボム なんて干しておいたらバスボムも食べちゃうんじゃないかと心配になる。

     ↓ 火にかけます
CIMG7402
火加減はテキトーで。
とりあえず焦げやすいんで、強火はヤメておいた方がいいです。

     ↓ 約30分後
CIMG7405
家中に甘いイチゴの香りが漂い、幸せ〜な気持ちになってきます。
ムスメ達もニオイを嗅ぎ付けて覗きに来る。
イチゴは潰したりしていません。
液体は、全部イチゴから出て来た水分です。
アクが大量に出て来るが、すくうなんてメンドクサイことはしません。
アクをすくったら、ジャムの量が減るじゃない。
アクも食べ物だ。

     ↓ タッパーに入れる。
CIMG7407
大量、大量。
イチゴがゴロゴロ入ったイチゴジャムが出来上がりました。

     ↓ フレンチトーストに乗っけてみた
CIMG7415
おお、何か、おしゃれな感じだ。
おしゃれなお店で、600円位で売ってるレベルなんじゃないか?と思えて来る。

     ↓ ヨーグルトに入れてみた
CIMG7587
自分で作っている カスピ海ヨーグルト に入れてみた。
これはうまかった。
イチゴがゴロゴロ入っているせいか、かなりリッチなイチゴヨーグルトになった。

結果。
500円の腐る寸前イチゴだったが、充分すぎるほどモトが取れた。




片付けなくてはならない

こんにちわ。

4月に入ってからというもの、やったらめったら忙しく、気がついたら18日。
あれっ、4月も半ばですか。
会社員として仕事していた頃は年度始めよりも年度末が忙しかったが、小学生・幼稚園児の場合は年度始めが断然忙しい。
進級式、園の役員の仕事、地域の組長(自治会長を誰にするかで現在モメまくり)、家庭訪問、とどめに通信会社まで変えましたわ。
EO光からNTTへ。
1ギガで1000円近く通信費が安くなると聞いて飛びついたのだけれど、また電話番号が変わるのかと友人からブーブー言われましたわ。
私が3、4年に一回、転勤で住所と電話番号が変わるものだから、アドレス帳は訂正だらけのキッタナイ状態らしい。
すまんね。
それにしても、新しい電話番号が覚えられなくって困る。

んで、ズルズルと先延ばしにしてきた衣替えをやっとこさ始めました。
この暑さのせいで、やるしかない所まで追い込まれてます。

       ↓ いいかげんにやらねばならぬ。
CIMG7345
旦那の衣替えは非常に簡単なのですが(服が少ない)、残りの女3人の衣替えとなると大変です。
しかもムスメ2人は毎年でかくなり、サイズが変わる。
これは着れる、これは小さくなって着れない、冬物を洗って干して、な〜んてことをやっているとあっという間に時間が過ぎます。
衣装ケースが5個もある。。。クスン。

       ↓ こいつらも片付けねばならぬ。
CIMG7581
ちなみに私が不精で溜め込んだわけではない。
4人分の夕食後の片付けです。
毎回コレ位出る。
いつかお金持ちになったら、食器洗い機を買おう。
んで、こいつらをみ〜んな放り込んで洗ってもらうのだ。







弁当 と 次女の生徒たち

こんにちわ。

   ↓ 5歳次女(先生役)から給食のドングリをもらった生徒たち
CIMG6873
右から4番目のカエルだけドングリが少ない。
なぜかと聞いた所、
「だってカエルはどんぐりを食べられないから。」とのこと。
・・・よく見てみれば全員、どんぐりを食べられない生き物ではないのか?
次女の世界はメルヘンで満ちていて、見ているこっちが幸せになる。

   ↓ 焼き肉弁当
CIMG7382
特売で見つけた牛肉を使いました。
「メガパック」という、どでかいパックで1つ500円でした。
焼き肉のタレでジュージュー焼いて、ご飯にどーんと乗せました。
旦那、肉食人間なもので大喜び。

   ↓ 焼うどん弁当
CIMG7378
焼うどんの上に半熟目玉焼きを乗せました。

   ↓ ブリの竜田揚げ弁当
CIMG7544
生姜、醤油、酒に一晩浸したブリの切り身を、朝、片栗粉をつけて揚げました。

   ↓ シュウマイ弁当
CIMG7416
シュウマイとチャーハンです。

それにしても今年の春は、ホンットに敵が多い。
花粉、PM2.5、黄砂、ダニ、鳥インフルエンザ、あげくに北朝鮮。
おまけに天候も暑くなったり寒くなったり。
しかし、コレ全て、原因は人類にあるのだなあ。。。
私にできることは節電とゴミの分別、食品を無駄にしない、あとは3Rですが、しっかりやるぞ。
毎朝、弁当作りと戦ってるんだか、自分の鼻水と戦ってるんだか、わからなくなる。
ハーーックション!!ズルズル。

手作り入浴剤を作りました

こんにちわ。

花粉と中国からの毒ガス攻撃に耐える日々ですわ。
ゲホッ、ゲホッ、ズルズル〜〜。
負けてたまるか。

自分、風呂好きなもので、 スケキヨマスク しつつ長風呂しています。
入浴剤も色々試し、最も気に入った入浴剤が

   ↓ これです

クナイプバスソルトという、ドイツで産まれた入浴剤です。
ハーブから抽出されたエキスが、呼吸、嗅覚脳神経を刺激し、血液循環を良くしてくれる。
850gで2520円と、香りもセレブなら値段もセレブです。
さすがの私も風呂水は毎日変えているので、水は捨てるわけです。
捨てるものに2520円。。。
貧乏人ですがお風呂セレブなもので、毎回清水の舞台から飛び降りる気持ちでこの入浴剤を買っていたのですが。
友人から手作り入浴剤バスボムの話を聞き、作ってみることにしました。

   ↓ 材料です
CIMG7352
重曹、クエン酸、グリセリン、好みのアロマオイルです。
グリセリンは写真撮り忘れました。
クエン酸とグリセリン以外は、全て100円均一です。
クエン酸は以前、手作りリンスを作ろうとして挫折した残りです。
グリセリンは手作り化粧水 で使う為もともと手元にありました。

   ↓ いきなり失敗する。
CIMG7360
ズボラな私が、いつもの通りのテキトーさを発揮して作った所、失敗した。
型が見えなくなる位、泡があふれている。
さすが BATH BOMB 、バスボム、お風呂爆弾。
私が作ると、風呂に入れる前に爆発か。
 
   ↓ 今度はちゃんと計る
CIMG7370
とはいえ私の友人もテキトー人間であった為、教わった分量がテキトーである。
重曹だいたい大さじ2、クエン酸だいたい小さじ2、グリセリンだいたい小さじ半分、アロマオイルお好みで。
んで、混ぜて混ぜて混ぜまくる。
  
   ↓ 型に入れて固める
CIMG7377
100円均一で以前買った型に入れて固める。
最初はスプーンで押さえていたが、まどろっこしいので指で押さえていく。

   ↓ 一晩乾燥させて出来上がり。
CIMG7379
型から無理矢理外した為少々欠けたが無事出来上がる。
無事完成して、ちょっとうれしい。

   ↓ さっそく風呂に入れてみる。
CIMG7380
入れて10秒もしないうちに溶けてなくなってしまった。
・・・一晩かけて作ったのに、一瞬で消える。。。
しかしアロマの香りが漂うお風呂となりました。
入浴してみた。
あまり湯の質は変わらないように感じた。
バスボムを作る意味がわからなくなる。
普通に風呂にアロマオイルをタラした方が楽なのではと思った。
しかしググってみた所、重曹には水道水の塩素を除去し、アルカリ性にする作用があり、皮膚の表面を軟化し、お湯も柔らかくしてくれるとのこと。
風呂掃除も楽になるらしい。
と、いうことで、ズボラな私はバスボムを作らず、直接風呂に重曹とアロマオイルをぶち込むことにする。




フリーエリア


いつでも里親募集中



最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。