スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛丼弁当 と自分の買ったパーカーに凹みました

おはようございます。

3/28 は私の点滴治療の為、旦那は会社をお休みしてくれたのでお弁当がありません。
     年度末で忙しいのにすまん、旦那。

3/29  牛丼弁当
  • CIMG4087.JPG
牛丼(牛コマとタマネギを炒め、砂糖醤油で味付けした物をご飯に乗せた)と、チンゲンサイ炒め、バナナです。
完食してきてね~。

先日、義母と一緒に衣料品の卸売業者のイベントに行きました。
卸売業者の在庫一掃セールでしたので、ハンパ無く安かったです。
私と義母は目の色を変えて買い物をしてきたわけですが、そこで自分用に500円の格安のパーカーを購入しました。
厚手だし、寒い時期のワンマイルウエアとして活躍しそう!!と思ったわけです。
  
    ↓ これ
  • CIMG4075.JPG
ところが、ある日。
スーパーのウインドウにうつる、これを着た自分の姿が目に飛び込んできました。
客観的に見て、胸部分の「MILK」の文字が強烈に目立っているな、と、感じました。
確かに私は子育て中、母乳出しましたけどね。。。。
帰って来てから、この英語の意味は何だろうと調べてみました。

Never Look At Mush.
The same way Again.
BOYSONSIDAIKIDE. 
   ↑
最後の一文は、完全に間違っていると思われる。
多分、確実に、Boys On Sidekick (相棒という意味らしい)です。


決してドロドロ(もしくは犬ぞり旅行)を見ないで下さい。
また同じ事の繰り返しです。
男の子の相棒(スペル、完全に間違っていますが)、牛乳。

・・・なんじゃ、こりゃ~~!!
恥ずかしすぎて、凹む。。。
なぜなら私はこれを着て、同じマンションに住む英語圏の外国人と挨拶を交わし、外人の先生のいる娘の英会話教室へも行ったからです。
私は全く英語ができません。
だからこそ、こういうトレーナーを躊躇無く買って来たわけです。
そういえば以前も、Tシャツについている英語の文章を人に指摘されたことがあります。
繰り返している・・・学習能力がないのだ・・・。
アホ丸出しですな。
ということで、今、このパーカーはパジャマとして立派に活躍してくれています。

今回の我が教訓。
 デザインや素材、価格が気に入ったからと言って、うかつに手を出したらいけないのだ


 おきてがみ

  にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

海老フライ弁当 と人をバクチの虜にする恐怖の方法

おはようございます。

3/26 海老フライ弁当
  • CIMG4077.JPG
海老フライの腰の曲がりっぷりは、相変わらずです。
下ごしらえの時に、ちゃんと筋切りしているにもかかわらず、この姿。
もはや、制作者である私の性格を反映しているとしか思えん・・・。
あとはキャベツの千切り、ナスの煮浸しと、オレンジです。
ここんとこ野菜が高くて、副菜の迷い子の私は迷宮入り。

3/27 うな丼弁当
  • CIMG4081.JPG
うなぎと、ほうれん草入りだし巻き卵、ゆでアスパラ、キウイです。
完食してきてね~

また「人間情報パズル ポクテ 大和書房 富永直久著」からの抜粋で申し訳ないのですが。
  ↓ 過去の抜粋
その1 あえて手を出さない
その2 旦那の浮気への対応
その3 半ズボンを履かせるか長ズボンを履かせるか

本当にすご~くいい本だと私は思うのですが、とうの昔に絶版となり、Amazonではプレミアまでついています。
絶版とは悲しいものです。
せっかくの良作も、過去のものとしてしまうわけですから。
ぜひともの再版を願う本の一つです。

お題は、「人をバクチの虜にする恐怖の方法」です。


「源寿司」の源さんは、気っ風も腕も抜群。おかげで商売繁盛。
この「源寿司」に、その筋の男たちが狙いをつけた。
店ごと、身ぐるみ剥いでやろうと。
そしてある晩、やっとのことで源さんを彼らの開く賭場に誘い出した。
たった一晩で、彼らは源さんをバクチから決して足が抜けない人間にしてしまった。
一体どうやって??


大勝ちして帰すことによって。

彼らはわざと大負けに負け、大金を持たせて源さんを追い返した。
「頼むから二度と来ないでくれ」「源さん、あんたは丁半の天才だ」
どうなったか?
源さんの方から押しかけて、「やらせてくれ」と頼むようになった。
結果、泥沼となり、店を売らなければ払いきれないほどの借金を抱えてしまった。
バクチはしないのが1番。
負けるのが2番。
この話を知らなかったら、自分もこんな罠に、まんまとハマっていると思います。

 おきてがみ

  にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村

おにぎり弁当 と「たまごっち」を育てました

こんばんわ。
やばい、明日(もう今日ですな)は朝から子供会のボーリング大会だというのに、こんな時間まで起きてブログしてます。
もうそろそろ寝たほうがいいよ、自分・・・。

3/23 おにぎり弁当
  • CIMG4068.JPG
いよいよ年度末も佳境に入り、旦那は残業続きでヘロヘロです。
明日は、お昼を食べる時間すらないかもしれない・・・と前日に言っていた旦那。
と、いうわけでこんな時はやっぱりおにぎり弁当です。
中身はシャケとおかかです。
先人の知恵、おにぎり。
こんなに便利な携行食を作ってくれた先人に感謝!
おかずの野菜炒めとカボチャの煮物は少々残したものの、おにぎりは完食して来てくれました。
果物で入れる予定だったオレンジは、前夜に食べてしまった為ありません。
すまぬ、旦那。
4月はもう、すぐそこ。
頑張れ、旦那!!
君の事、全力でサポートしたいよ。

私は8歳と4歳の二人の娘の母です。
子育て真っ最中なのですが、長女に頼まれて「たまごっち」も育てていました。

    ↓ 「ききっち」を育て中の図。
  • CIMG4065.JPG
8歳の長女に頼まれ、誕生日にプレゼントしたこの「たまごっち」。
どんな物かというと、この小さな画面の中にいる「たまごっち」というキャラクターを赤ちゃんの頃から育て行く、というものです。
やれ、ご飯、やれ、ウンチの片付け、お風呂におやつ、遊んでやったり。
面倒を見ないと、死ぬか、家出です。
必然的に、長女が小学校へ行っている間は私が面倒を見ることになります。
しかも奴らときたら、1時間位おきに私を呼ぶ(夜はちゃんと寝てくれますが)。
面倒見ないと、死ぬか家出。
長女に責められます。
何しろ目が離せない為、奴を持ってスーパーに行ったりもしました。
と、いうことで面倒を見続けて約3ヶ月程度ですが、ついに全たまごっちを育て上げました。

    ↓ 「全種類育てた証」の図
  • CIMG4060.JPG
全員を育て上げたところで、私は静かに電池を抜きました。
はっきり言って、私は疲れました。
育成ゲームはもうコリゴリ。
たまごっちの呼ぶ音で、ビクビクする生活とは、もうオサラバです。
リアル子供だけで、子育ては充分でござる。
長女と次女がどんなに頼んでも、育成ゲームだけは買わんぞ。
そして長女の小学校が春休みに入りました。
たまごっちに電池を入れたがっています。
・・・私のかわいいたまごっち達を、死なせたり家出させたりしないでね・・・。
めんどくさがりつつも、育成ゲームのキャラクターの愛らしさに、心癒されていた私でした。
もう面倒は見たくないが、実は癒されたよということで、まる

 おきてがみ

  にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村

海苔シャケ弁当 と鼻で息がしたい

おはようございます

3/21 カツ丼弁当
  • CIMG4056.JPG
冷凍カツを使ったカツ丼です。
炒めたタマネギを麺つゆとカツを卵でとじ、しばらく煮詰めて水分を飛ばします。
飛ばさないと、お弁当を食べる頃にはお米がべっちょべちょのお粥になってしまうからです。
あとはほうれん草炒めとバナナです。

3/22 海苔シャケ弁当
  • CIMG4066.JPG
焼きシャケとだし巻卵、ほうれん草と人参の炒め物、キウイです。 
完食してきてね~

私は花粉症なのですが、まだ花粉の季節が始まったばかりにも関わらず、鼻がえらいこっちゃになっています。
ここ3日ほど、鼻で息してないんですが。
鼻で息したい。。。
鼻から思いっきり、酸素を肺に取り入れたい。。。

花粉症は、植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされるそうです。
んで、何で花粉症を発症するかというと、体内の自己免疫が花粉を異物だと認識する為、体外へと排除する為に、くしゃみ鼻水鼻づまりを起こすからだそうで。
・・・いいから。
花粉、体に入れちゃっていいから。
本体である私がオッケーしているのだから、もうガンガン入れちゃって。
よけいな反応しなくていいから。
自己免疫よ、君は本当に私を助けてくれている。
そこんとこは、よ~くわかってるからさ。
でも、花粉は特別扱いしていいからさ~。
花粉、排除しようとして鼻水垂らしたり、目をかゆくしたりしなくっていいからさ~。
と、自分の免疫に対し、説得及び納得させたい。
私に花粉症を思いっきり遺伝してくれたと思われる母は、先日、電話口で完全に鼻が詰まっていました。

「かせ?私か鼻声たって??かせは引いてないんたよ。今年も花粉症のきせつたね。あんたも花粉症たね?」

母の会話からは、完全に濁音が欠如していました。

 おきてがみ

  にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村

稚魚放流に参加してきました

おはようございます。
旦那が連休の為、お弁当がありません。
タイトルと違ってすみません。

昨年、鮭の遡上採卵に参加しました。
その時はオス鮭二匹が仲良く遡上してきた事に大いに妄想にかられてしまい、改めて自分の中にあるBL属性に驚かされたのですが。
これがもしや擬人化という物か。
擬人化も行けるんか、自分。。。
・・・更なる高みを目指します。
と、いうことで、今回は鮭の稚魚放流に参加して来ました。
「鮭のふるさとを守る会」の方々が、遡上して来た鮭から採卵・人工ふ化させ、今まで育てて来てくれたのです。

  ↓ 鮭の稚魚たち。
鮭 1

  ↓ 約4、5年後の姿
鮭 2

  ↓ 生存確率は、5千匹に1匹。
    無事に帰って来ますように。。。
稚魚放流 1

  ↓  鮭の稚魚たちとの別れを終え、恒例の鮭汁が振る舞われます。
鮭汁
たった今、稚魚との別れを惜しんだばかりなんですが。。。
5千分の1の確率で帰って来た鮭を、食べちゃうわけです。
わかっちゃいるけど、胸が締め付けられる鮭汁だのう。。。。
罪悪感と共に、ペロッと食べてしまいました。
・・・激ウマ。

  ↓ イベント会場に居た、私のツボとなった「ゴーヤ先生」という名の着ぐるみ
  • ゴーヤ先生1.jpg
    なぜここでゴーヤなのかは不明。

  ↓ 休憩中にもかかわらず、子供達に散々もてあそばれている。
  • CIMG3956 のコピー.JPG
目玉を引っ張られたり、後ろのチャックを開けられそうになったり、歩いている所をカンチョーされたり。
最後の方では、子供4人くらいにガンジガラメにされたことに抵抗を見せ、手をバタバタさせて振りほどいていました。
だいぶ、イラッと来てたようでした。

今回の教訓。
「文化的行事における着ぐるみの存在は、退屈した子供への生け贄である」

中の方、本当にお疲れさまでした!!

 おきてがみ

  にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村
フリーエリア


いつでも里親募集中



最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。