スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭シラミとの戦い

こんにちわ。

夏休み間近。
小学校も午前だけの授業となり、ムスメ達が昼前に帰って来るようになりました。
豪華な学校給食とも、しばしの別れ。
私の作る質素な昼飯に、たった2日で嫌気がさした長女。
「また納豆〜??飽きたよ〜。」などとホザく。
あたしなんて、毎日昼飯が納豆ご飯なんだぞ〜
悪いが、我が家の昼食は質素倹約と決まっておる。
・・・納豆ほど、安く、健康食で、ご飯のお供で、楽チンな食材はない。





今回の内容は、かな〜りグロいです。
なのでグロいものが平気な方のみ、下へ行って下さいね。
             ↓
   
             ↓
   
             ↓

             ↓

             ↓

             ↓

             ↓
           
             ↓

          覚悟はいいですかね??
             ↓

             ↓

             ↓


ある朝のこと。
ムスメ達の髪の毛を整えている時に気づきました。
最近、白いフケみたいなのが目立つ・・・

       ↓ こんなの
CIMG8065
何だろ? フケ?? 
毎日ムスメ達の髪の毛を洗ってはいるが、洗いっぷりが足りんのかな?
なんて思いつつ髪の毛をとかしていると。。。

       ↓ こんな奴が娘の頭の中を歩いていた。
CIMG8070
こんな虫が大量に、テクテクとムスメ達の髪の中を歩き回っている。
シラミなんて初めて見たので、もっのすごいびっくりしましたよ。
最近頭がカユかった私も旦那も頭を見てみたら、奴らがテクテクと歩いていた。
家族全員が頭シラミを頭皮に飼っていた。

       ↓ 鳥肌が立つほどにキモい。
頭シラミ

↓ 大急ぎで行った皮膚科で、このシャンプーが処方された。

このシャンプーは強烈な効果があり、成虫は100%死にます。
しかし、卵は殻に守られている為、効果がありません。
シラミどもが卵から孵る頃、またシャンプーしなくてはならないのです。
髪の毛にたくさん貼り付いて全然取れない卵たち。
いつ孵るかわからない為、シャンプーし続けなくてはならない。
・・・農薬と同じ成分で出来ている、このシャンプー。
たった一回の使用での成虫の全滅っぷりに、恐怖心が生じる。
こんな強烈に虫が死ぬ薬を、人体、しかも子供に使って大丈夫なんだろうか。。。
と言うことで、民間療法に頼ることにした。


以下二点を購入。


ティーツリーオイル(頭シラミがいやがるニオイがする)

頭シラミの卵を取る櫛(卵は髪の毛にベッタリと貼り付いて取れないのだ)


シャンプーが2100円。
ティーツリーオイルが3820円。
頭シラミ用の櫛が2680円。
合計、8600円。
はっきり言って、散財。


       ↓ 買った櫛で、あんなに取るのに苦労した卵がごっそり取れた。
CIMG8113
櫛の歯にくっついている小さな黒いポツポツが、全部卵です。
強烈にキモい。
キモいが、取れっぷりが気持ちいい。
キモ・キモチイイという不思議な感覚。

頭シラミが発覚してから、約1週間で頭シラミはホボ壊滅しました。
経過としては


    1日目  皮膚科で処方されたシャンプーで成虫全滅。

    2日目  ティーツリーオイルをシャンプーに混ぜて頭を洗う。
         洗髪後、再度ティーツリーオイルを頭皮に擦り込む。

    3日目  上記を継続。 
         通販で購入した頭シラミ用の櫛も届き、卵を大量に駆除できた。

    4日目         同上
    5日目         同上
    6日目         同上
    7日目       ほぼ卵も消えた。

ティーツリーオイルと頭シラミ用の櫛は、今でも継続しています。
シラミは不潔な所が好きという訳ではなく、人間の頭皮がシラミにとって快適な空間(暖かくて、血吸い放題)だということなようです。

・・・それにしてもキモかった。
大量の小さな虫と戦うのは、トラウマになる。
私は、ムスメ達の髪の毛を縛る度に頭皮をチェックするようになってしまった。
自分の頭がカユい時は、頭シラミ用の櫛で卵チェックするようになってしまった。

ー私の中に、立派なトラウマが出来上がった。










スポンサーサイト
フリーエリア


いつでも里親募集中



最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。