スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタ子が死んでしまいました。

こんばんわ。

1月24日。
飼っていたバッタのバタ子が永眠しました。

5歳の次女が、幼稚園の行事「虫取り 」で捕まえて来たツガイのオンブバッタ。
あまり運動能力値が高いとは言えない次女に、夫婦で捕まった上、 しょぼい虫取り籠の中で産卵までさせられたバタオとバタ子。
バタオは11月に亡くなってしまったのですが、バタ子は本当によく生きてくれました。
夏の虫が1月まで生きるというのは、本当にしんどかったと思います。


実は最初に次女がオンブバッタをつれて帰って来た時。
「メンドイな〜。夏の虫はすぐ死ぬし。オンブバッタじゃ産卵するかもな、かったるいわ〜。」
なんて思ったのです。
自分、生理的に虫は受け付けないし、産卵したら卵はどうすんのって感じだし、餌やりとかで接触することがすでにキモイ。
ところが不思議なことに、毎日一緒に住んでいるとかわいくなってきます。

新しいキャベツをあげると、喜んで飛びついて食べる。
産卵の為に土を用意してやったら、真夜中に産気づいて頑張って産んでいる。
ウンチをすると、肛門にくっついたウンチが気持ち悪いらしく、後ろ足で起用にウンチを蹴り飛ばす。
触覚を起用に前脚でこする仕草。
日光浴が好きで、ひなたに虫かごを置いてあげると喜んでいるっぽい。

     ↓ 新しいキャベツが好き
CIMG7231
新しいキャベツに飛びつくバタ子。

     ↓ 手にも乗ります
CIMG7146
晩年のバタ子。
多分、目もあまり見えていないのだと思います。
虫かご内部の掃除中、手に乗って待っていてもらうのですが全く逃げません。

     ↓ 日課の散歩もさせました
バタ子散歩中
長女が見守る中、家の中を2メートルほど散歩。
飛び跳ねる体力もない為、ゆっくり歩いて散歩します。
ただ、散歩した後はキャベツを食べて昼寝(まぶたがないので不明だけれど寝ていると感じる)もして幸せそうなので、散歩はかかせません。

     ↓ 最期の日のバタ子
CIMG7237
私が次女の幼稚園の行事で出かける寸前に撮った写真です。
何となく出がけに撮ったのです。
日差しが出ていたので、バタ子が喜ぶだろうと、日あたりの良い場所に虫かごを置いて出かけました。
帰宅したら、バタ子は死んでいました。
まさか最期の写真になってしまうとは思いもしませんでした。
帰宅後、バタ子が亡くなったことを受け入れられず、しばらく次女と2人でバタ子をつついていました。
いくらつついても、なでても、手のひらに乗せても、もうバタ子は動きませんでした。

たかが、虫。
しかしバタ子は、どれだけバッタがこの世に産まれようとも、悠久の年月の中でたった一匹だけです。
バタ子にとって、人間の手によって不自然に暖かい環境に閉じ込められ、自然界ではあり得ない位の長生きをさせられた事実が幸せだったのかどうかはわかりません。
でも、私は幸せでした。
本当に可愛かったんです。
毎日声をかけて、キャベツをあげて、散歩をさせて、一緒に日向ぼっこして。
もう、バタ子はいないんだなあ。。。
・・・バタ子が残してくれた卵たち。
今は土を敷き詰めた虫かごの中で、夏を待っています。
私は、もう彼らを閉じ込めません。
今年の夏、卵たちがかえったら、自然界に返してあげようと思います。
広い原っぱで、放してあげます。
私たちと一緒に暮らしてくれた、バタ子とバタオのことを思い出しながら。
スポンサーサイト

バッタが産卵しました

こんにちわ。

内容が弁当ではなくバッタです。
虫が苦手な方はスルーして下さいね。

先日、 4歳次女に捕まった哀れなオンブバッタ のメスが産卵しました。

      ↓ 産みそうな状態と産んでいるの図。
  • CIMG6364.JPG
  • CIMG6343.JPG
実は約3日位前から、メスバッタ(バタコ)の様子がずっと変だったのです。
キャベツをぱったり食べなくなり、落ち着きなくあちこちを歩き回っている。
産気づいているに違いない。
安心して卵を産める場所を探し求めていると見た。
同じ母として他人事じゃないですよ。
一応、卵を産む用に土を入れたカップを用意してはあったものの、彼女にとっては満足いく環境ではないらしい。
と、いうことで虫かご全体に土を敷き詰めました。
その数時間後。
バタコは産卵を始めました。
5回位、場所を変えてひたすら産み続ける。

     ↓ バタオも見守る。
  • CIMG6361.JPG
いつもキャベツに貼り付きっぱなしのバタオが、バタコの応援の為に虫かごの天井に貼り付いて見守っている(と思いたい)。
ただ今の時刻、午前1時。
私は明日、また早起きして弁当を作らねばならないのに、産むバタコに目が釘付けで全然眠れない。
寝ている旦那を起こして「バッタが卵産んでる!」と伝えたのですが。
布団の中で「それはよかった。」と言い、再び寝てしまいました。
この感動を伝えたかったのに、反応がニブすぎてフラストレーションのみが残った。

     ↓ 産卵後、キャベツに貼り付くバタコ
  • CIMG6368.JPG
産卵が終わり、お腹が空いたのか、キャベツに貼り付いて食べ始めるバタコ。
よかったね、お疲れさま。

     ↓ その後、キャベツの上で産卵したバタコ
  • CIMG6372.JPG
・・・もー、何やってんの〜。
腹へって地面に下りるのがメンドクサくなったに違いない。
しょうがない、私が土に埋めておいてやるけどさ〜。
あんた、ズボラな性格だね??
キャベツ食べながら産むのはヤメなよ〜。

夏の終わりはいつも寂しいです。
一年で一番寂しい。
あんなに鳴いていた蝉の声が聞こえなくなり、萌えるような緑の葉が色を変え、空が高くなる。
高3の夏、この半袖のセーラー服をもう二度と着ることはないのだと、切ない気持ちになった事を思い出す。
ーー通常、バッタは越冬せず、夏の終わりに産卵し、冬を迎える前に親は死に、卵がまた来年の夏に孵るという生態だそうです。
室内の比較的暖かな環境で飼っていますが、多分、バタオもバタコも越冬できないでしょう。
託された卵達は、来年の夏、子供達が産まれるのを楽しみに、私が守ります。
夏の虫を飼うのは、別れが近すぎて悲しい。

コロッケ弁当 とバッタを飼う事になりました

おはようございます。

     ↓ コロッケ弁当
  • CIMG6324.JPG
コロッケと、甘い卵焼き、キウイです。
完食してきてね〜

以前、私は 長女が捕まえて来たタニシ を、共食いという形で瞬殺しました。
んで、今回は次女が幼稚園の虫取りイベントで捕まえて来たバッタを飼う事になりました。
    
      ↓ こんな状態で持ち帰ってきました。
  • CIMG6169.JPG
ビニール袋で捕獲か。
ワイルドだな。
4歳次女は緑色の昆虫は全てカマキリだと思っている為、
「お母さん、カマキリ、捕まえて来た〜!」とドヤ顔で私に袋を渡してきました。
私は肉食系女ではあるが、肉食系昆虫カマキリを飼うのはイヤだ。
虫業界における、弱肉強食のサイクルは過酷なのだ。。。
と、思ったらオンブバッタでした。
「一匹捕まえたと思ったら、二匹に増えたんだよ。」と次女が説明してくれました。
オンブバッタだからおんぶしてたんだろうね。
・・・それはお得だったね。

       ↓ お家をカスタマイズ
  • CIMG6231.JPG
  • CIMG6230.JPG
タニシの死後、取っておいた虫かごの中に、キャベツと卵を産む時用の土を入れました。
キャベツを大喜びで食べています。
ほぼ一日、キャベツにしがみついて過ごしており、キャベツにしがみついたまま昼寝もしています。
かわいいのう。。。
我が家の新しい家族になりました。
お願い、長生きしてね〜ん。
エサをちゃんとあげるから、タニシみたいに共食いはしないでおくれやす。
フリーエリア


いつでも里親募集中



最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。