スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の後ろの子乗せを外した事

さーて、お昼、お昼っと。

   ↓ あら、汁物が多いわね。。。
CIMG9502
朝食のトマトスープの残りと、昨夜の夕食の残りのみそ汁、、っと。

鍋二つ、暖めてれば、アホな私でも気がつくわ。。。

今日のお昼のおかずは汁物だなって。

そうそう。

最近、私、夜、2回はトイレに起きるのよね。

この間、80歳のレディーとお喋りしたら、毎晩夜4回トイレに起きて、熟睡できないって聞いたわ。

私、試しに水分摂取を控えてみたら、熟睡できた代わりに唇が切れた。

人間の体って、借り物みたい。

うまくコントロールできないと、痛みと共に悪い方に転ぶ。

年と共に、この駆け引きが頻発する。

若いうちは自分の体に甘えられたけど、年と共に、自分をいたわらなきゃならない。



下の子が小学二年生になりました。

練習して、補助輪なしの自転車にも乗れるようになりました。

・・・んで、私、気づいたわけです。

私のマシンにも、もう、子乗せは必要ないなって。。。。


   ↓ こんないい自転車じゃないけど、こんな感じ。
スクリーンショット 2016-02-25 22.52.49

子乗せを外して、食料品の大量買いに備えて、カゴタイプにした方がいいなって思ったわけです。

という事で、12歳長女、8歳次女も育った今、自分の自転車の子乗せを外しました。

・・・が。

もう、重い子供を運ばないで済むっってセイセイしてるはずなのに。。。。

外してる最中、涙が止めどなくあふれてくる。


幼稚園への送迎が、ゆるく長い坂道で、足がやたら鍛えられた事。

坂に入ると、後ろから小さな声が「頑張れ、頑張れー」って応援してくれてた事。

寒い日に、手袋をさせるのを忘れて、ゴメン、冷たくなっちゃったねって、ゴシゴシ暖めた事。

私と2人で一緒なのがうれしいらしくて、わざと遠回りさせられた園からの帰り道の事。

子供の仲いい子と並走させられて、手をつながれちゃってよろけてコケそうになった事。

支度で遅くなったら、ちゃっかり自転車の子乗せに乗って「幼稚園まだ〜?」って待ってた事。

暑い日は汗ダラダラで「暑いね〜」と言い、寒い日は白い息を吐きながら「寒いね〜」と言い。

ーーーー園の送迎なんてメンドクサイって思ってた。

病院に行く日は、寒くないように毛布でグルグル巻きさせて、2人して咳して。


・・そんな日々が、本当はすごく大切な物だったんだって。

二度と戻らないだなんて。

そんなの、知らなかった。

こんな日が、ずっと続くって、思ってた。

頭では理解してたけど、気持ちでは理解できてなかった。

成長した子供の靴を捨てるように、こういう事はこの先、もっとたくさんある。

それが子供を育てるという事なんだ。

この寂しさは、子供を育てる親、全員に課せられた、試練なんだって思う。

喜びと寂しさの狭間で、親も成長するんだと思う。

・・・いつか、私の子が大きくなった日に。

この自転車の「子乗せ」の話ができたらなって思う。

私がどんなに、幸せだったか、も。

「子乗せ」 本当に、ありがとう。
スポンサーサイト

捨てたいものランキング

子供がいる = 物が増える

っていうのは宿命だと思ってるんですがね。

子供の変なこだわりとか、分け分からん執着で、ゴミにしか見えない物が増えて行く。

その中の「私の捨てたい物ランキング」の、1位から3位です。


      ↓ 第3位  小鳥さんのお家。
CIMG9393
制作者、次女。

子供たちは「バードカービング」を体験したのですが、その時に作った小鳥さんにお家を作ったようです。

次女は机の中に、しこたま、トイレットペーパーの芯だの、箱だのを溜め込んでいる。

あの机の中も、何とかしたい。。。 

エサはビー玉らしい。

ただでさえ狭い子供部屋の中で、やたら場所を取っている作品。



      ↓ 第2位  空気の抜けたヨーヨー。
CIMG9392
夏祭りのヨーヨーすくいで手に入れたヨーヨー。

すぐに空気が抜けちゃって。 特に右側ときたら、水しか入ってない。

捨てろと言ったら、反抗期の長女がヨーヨーコーナーを作りましたよ。

すがすがしい位の反抗っぷり。

このヨーヨーコーナーの下に、第3位の小鳥さんのお家がある。

断捨離好きの私を、激しくイラ立たせるコーナーである。



       ↓ 第1位   長女の手作り石けん
CIMG9398
こいつは古株だ。 

かれこれ、一年の付き合いな上、実は長女から私へのプレゼントでもある。

長女は小学校の科学クラブに入っているのですが、そこで作ったシロモノ。

CIMG9399
底に沈んでいるドス黒い物体は、緑茶である。

緑茶成分入りらしい。

一年以上、放置してあるのに、カビることも乾燥することもなく、常にトロトロしている。

せっかく作ってくれたのだから、と、ちょっと触ってみたのだが、ものっすごい油っけ。

「お母さん、それは水酸化ナトリウムだから、触ったら手をよく洗わなきゃだめだよ」などと注意された。

なんじゃそりゃ?

石けんの意味ないじゃーーーーーーーーーん!!

しかし、捨てさせてくれない。

お願いです、捨てさせて下さい。








あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

何事もなく新年が迎えられて、ありがたいです。

年末年始の「あけおめことよろ」メールの殺到で通話規制が起きるかも、なんてのをニュースで見ました。

ーーー 私の所に年明けと共に来たメールは、迷惑メール2通だけでした。

男性向けの援助交際の誘いと、有料テレビが無料で見れるカードを格安販売、っていうヤツです。

元旦になっても、誰からもメールが来ませんでした。




こんな私でも、毎年、年越しの際にしている事があります。

夫婦2人、一緒にシャンパンを飲むことです。

      ↓ こんなに溜まった。
CIMG9369


       ↓ 整列!!
CIMG9374

結婚17年目なもんで、集まったコルクも17個。

旦那と2人で毎年飲んでいるのですが、年々、お互い、酒に弱くなる。

翌日、体中に残るシャンペンの酔いと戦いながら、初詣に行く。

でも結婚した時から始めた、夫婦の中で儀式になっている年越しシャンパン。

この先も続けるとは思うのですが、、、、、

あれ?

   ↓何か書いてあるのがある?
CIMG9375




      ↓ 次女の名前と、年と、、、耳??
CIMG9377

耳って何だっけ・・・?
 
そうだったわ! 旦那への恨み節を忘れないよう、コルクに書いたんだったわ!

2010年の12月31日の夜10時頃、次女が「耳が痛い」と泣き出しまして。

その頃、旦那はネトゲにハマっていた時期でした。

大勢の仲間達がゲームで待っているから、救急病院について行けない、などと言う。

年の瀬キワッキワの今、お前は私にケンカ売っとんのか。

結局私は一人、次女を連れて病院に行き、帰りのタクシーの中で年を越しました。

タクシーの運転手さんと「あけましておめでとうございます」と挨拶し合ったのを思い出しました。

その時の恨みを忘れぬよう、コルクに書いたんだった。

忘れっぽいもんだから、すっかり忘れてたわ。  

思い出して来たわ、あの時の恨みが。

旦那にこのコルクを見せました。

しっかり覚えていたらしく、

「申し訳ありませんでした!!」と平謝りしてきました。

よしよし、反省しておるな。

実は私も、すっかり忘れてたんだけどさ。

また何かしでたら、このコルクに書いとこうかしら?

な〜んて、嘘だよ〜ん。

旦那、今年もよろしく。







3食作るのがヤだ。

ある日のお昼ご飯。
      
     ↓ おでんの残りですわ。
CIMG9243
当然のごとく、鍋からいただきますわ。

あら?

ほぼ練り物だわ?

我が家のおでんは、練り物が不人気だからな〜。

卵も不人気で、あやうく一人で卵を3つも食べなきゃならない所だった。

子供たちに無理矢理、食べさせといてよかったわ〜。



ーーーうう、懐かしい。。。

こんな一人昼飯が懐かしくなる位、今の私は飯炊き女なんですわ。。。


子供たちは21日から給食終了で、午前中で帰って来る。

旦那も25日から冬休みに入った。

そして家族全員、かなりのニート属性のインドア派で、外出を嫌う。

全員、きっちり、お昼を家で食べるんですよ、毎日毎日。

んで、一応、りちぎに食べた皿はキッチンに運んでくれるのですが、、、

    ↓ 全員、一列、前ならえ〜
CIMG9138

    ↓ 上から見た図
CIMG9139

キッチンが狭いんで、コンロ横だの、炊飯器の上だの、ありとあらゆるスペースを使って皿を置く家族。

ーーたまには洗う気ない??  

ないよね〜

    ↓ ホントに、狭い。
CIMG9210
給食が始まるのは、1月13日。

めちゃめちゃ遠く感じる。

それまで3食作り続け、この食器の前ならえが続くわけだ。

大掃除? 何それ??

年賀状? 忘れたい。

電気のカサの中が虫だらけって事に、半年位前から気づいているのだが。

もう、このまんま、年越してもいいよね。











ポットを洗浄した

もうお昼なのね?

時間が経つのって、早いわね〜

今日のお昼は、、、
CIMG9229
昨夜の煮込みうどんの残った汁に、手で引きちぎった白菜3枚とうどんをブチ込みました。

当然、鍋で食べますわよ。 エコの為ですもの。 

あら?

少し酸っぱいわ。

そういえば、長女が汁を大量に残してたから、丼に残った汁をバサーッと足したんだったわ。

長女、何か口から出たのかしら?  酸味系の何か。

ま、気のせいね。 




もうね〜〜、毎日酷使してる電気ポットの中が、カオスなんですわ。   
         ↓
CIMG9223
まさに暗黒。 ダークマター。

何が困るって、水量目盛がぜんっぜん見えない所ですよ。

かろうじて「ココマデ」「10」らしき物は見える。

だが、それ以下の水量目盛は暗黒世界に飲み込まれ、解読不能。 

お湯の計量って、案外、料理していると必要になります。

電気ポットに書かれている目盛の存在を知りながら、計量カップで水量を計る愚かしさ。

そしたら、クエン酸(前に100均で買った)が効くという話を聞きましてね。

早速やってみることにしましたよ。

   ↓ とりあえず、クエン酸をぶち込む。
CIMG9224
クエン酸の量?

うーん、ちょっとわかんないです。

袋から、たまたま出た量って感じです。

ネットでググったら、しっかりした方のHPで指導して下さると思います。

水を「ココマデ」まで入れて、お湯を沸かします。

     ↓ お湯が沸いたら、一晩ほっとく
CIMG9225
うっかり飲んだら危険なので、一応メモを貼っておきました。

私以外で、この電気ポットを使う人はいません。

明日の自分の為に貼ったわけです。 一番飲んじゃいそうなのは、最近、ボケがちな私だ。。。

     ↓ 本当にきれいになった
CIMG9227
一晩待たずに、沸騰して30分後に覗いてみたら、この有り様。

化学って、すげーーー!!

みそ汁鍋の焦げ落とし の時もお世話になったのだけれど、クエン酸には本当に助けられてる。



フリーエリア


いつでも里親募集中



最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。